PAGE TOP

【うち漢方】更年期障害の漢方薬|光和堂薬局

|更年期障害の漢方薬

症状:更年期障害変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、更年期障害を緩和します。のぼせの他に、皮膚の炎症を鎮める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(9)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、心臓の働きを助け、肩こりや動悸、不安感、不眠などを改善します。更年期の症状の緩和にも作用します。

    この症状で処方した相談例(9)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、ホルモンと自律神経の働きを調整して、動悸や不安感、高血圧、更年期障害、便秘傾向などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 温経湯は、ホルモンバランスを良くして、生理の働きを調整し、更年期の症状を緩和します。おりものを軽減する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 桂枝茯苓丸料は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、骨盤内に停滞する古血(瘀血)を排出して、子宮筋腫や更年期障害などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 九味檳榔湯は、水分代謝を活性化して、小便を出し易くして、むくみやお腹の張り、息苦しさ、更年期障害などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 半夏厚朴湯は、のど気管の緊張感を緩和して、のどの違和感や痰、鼻水などを改善します。関節の炎症は、女性ホルモンと深く関与しています。更年期や産後にリウマチを発症する方は多いですので、ホルモンと自律神経の働きを調整する必要があります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 桃核承気湯は、骨盤内に停滞する瘀血(古血)や宿便を排出する作用があり、便秘や稗などを改善します。ホルモンの働きを調整して、更年期の症状を緩和する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 通導散は、女性ホルモンの働きを調和させる作用があります。更年期にはホルモンが大きく入れ替わり、自律神経も変動します。これが精神的な面や体調の変調を起こします。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 芎帰調血飲は、産後や更年期、ホルモン療法時に、ホルモンと自律神経の働きが不安定で起こる精神不安やイライラ感、過食などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調和させて、倦怠感など更年期の症状を緩和します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→