PAGE TOP

【うち漢方】めまいの漢方薬|光和堂薬局

|めまいの漢方薬

症状:めまい変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、のぼせやめまいを緩和して、顔の汗やふらつき感などを改善します。イライラや不安感を鎮める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(25)

  • 半夏白朮天麻湯は、体内の水分代謝を活性化して、リンパ液や脳脊髄液の流れを促進して、耳内の前庭や三半規管を調整してめまいを改善します。また、脳脊髄液の流れを促進して、頸髄の働きを応援して、頭痛や立ちくらみなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(19)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、神経の高ぶりを抑えて、耳鳴りやふらつきめまい、イライラ感、不安感を改善します。自律神経の働きを調整して、多少便通を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(13)

  • 半夏厚朴湯は、のどから胸胃周辺の緊張感を緩和して、食道や気管を拡げて、ゲップや悪心を改善します。乗り物酔いによる気持ち悪さやめまいなどを予防する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(9)

  • 当帰芍薬散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、下肢のむくみと冷え、めまい、耳鳴り、軽い便秘などを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 真武湯は、新陳代謝を高めて、内耳などにある余分な水分(リンパ液)などを排出し、内耳性のめまいを改善します。身体を温める作用や不安感を解消する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 苓桂朮甘湯は、胃腸の働きを高めて、内耳の三半規管や前庭の働きを調整して、めまいや頻脈、頭重感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 加味帰脾湯は、胃腸の働きが低下し消化吸収力が低くなり、低血圧やめまいを引き起こす脾気虚に有効です。温胆湯より胃腸への負担が少ない処方です。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 滋腎通耳湯は、耳内への血液とリンパ液の流れを促進して、鼓膜や耳小骨、蝸牛、聴神経の働きや修復を応援して、耳鳴りや難聴、めまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、肩こりや冷え、睡眠の質などを改善します。当帰芍薬散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、むくみや冷え、しもやけ、めまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、ふらつきやめまい、不安感などを改善します。便通や月経不順を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 抑肝散は、心身の緊張を緩和して、ストレスや不安から来る、過喚気や動悸、めまいなどを緩和します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 補中益気湯は、胃腸の働きを高めて、気力体力を増進して、血圧の低下を防ぎ、脳への血流を確保して、ふらつきやめまい、動悸などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 香蘇散は、のどから胸の緊張感を緩和して、リンパ液の流れを促進して、耳内の三半規管や前庭の働きを調整て、めまいや肩こり、不安緊張感を改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 芎帰調血飲は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、産後に肥立ちを応援して、めまいやふらつき、疲労倦怠感、不安感、イライラ感、気力低下などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 環元清血飲は、血行を促進して、肩こりや首筋のコリを緩和して、耳内や小脳への血流を確保して、めまいやふらつきを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 茯苓飲は、体内の水分代謝を活性化して、胃腸や手足、耳内などに停滞する余分な水分を巡らして、小便から排出します。お腹の膨満感や食欲不振、めまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 人参養栄湯は、胃腸の働きを高めて、消化吸収を促進させて、血を補い気力体力を増進します。冷えやふらつきめまいなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 通導散は、骨盤内に停滞する大便や古血(瘀血)を排出して、骨盤周辺の血流を促進して、便秘や腰の重だるさ、肩こりやめまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 十全大補湯は、血を補い、貧血からくる動悸やめまい不安感などを和らげます。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 炙甘草湯は、気力体力を増進して、心臓の働きを助けて、不整脈や動悸、めまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 荊芥連翹湯は、耳や鼻周辺の炎症を鎮め、耳への血液やリンパ液の流れを促進して、内耳の三半規管や前庭の働きを正常化して、めまいや耳鳴りを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 黄連解毒湯は、心臓や血管の炎症を鎮めて、頭部への血流を調整して、ふらふらするめまいや動悸、目の充血、皮膚の痒みなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

めまいに効く基本となる体質別の「漢方薬とツボ」について、堀口和彦先生に東洋医学の見地から分かりやすく解説してもらいました。

めまいの相談例
めまいの生薬
めまいのツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。