PAGE TOP

【うち漢方】おりものの漢方薬|光和堂薬局

|おりものの漢方薬

症状:おりもの変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理痛を改善します。さらに、子宮粘膜の機能を高めて、外部からの刺激や変化によるおりものを減らします。静脈血の流れを促進する作用があり、手足筋肉や目などの疲労物質を去り疲れを取る作用もあります。

    この症状で処方した相談例(45)

  • 竜胆瀉肝湯は、陰部から膀胱の炎症を鎮めて、おりものを減らします。小便をスッキリと出させて、むくみや膀胱炎を予防改善する作用があります。皮膚の痒みなどアレルギー的な体質を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(21)

  • 人参湯は、胃腸の働きを高めて、下痢や食欲不振などを改善します。おりものや咳痰を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 清心蓮子飲は、膣周辺の粘膜を潤して炎症を鎮めて、膣炎やおりもの、頻尿などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 苓姜朮甘湯は、下半身を温め、余分な水分は出し、頻尿のときは貯めて1回量を増やします。おりものにもよいです。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 当帰芍薬散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、身体を温め新陳代謝を高め、血液とリンパ液の流れを促進して、冷えやむくみ、おりものなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 真武湯は、新陳代謝を高め、身体を温め、下痢やおりものを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

おりものに効く基本となる体質別の「漢方薬とツボ」について、堀口和彦先生に東洋医学の見地から分かりやすく解説してもらいました。

おりものの相談例
おりもののツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。