PAGE TOP

【うち漢方】食欲不振の漢方薬|光和堂薬局

|食欲不振の漢方薬

症状:食欲不振変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 加味帰脾湯は、胃腸の蠕動運動を促進して、消化吸収力を高めて、食欲不振やお腹の張り、気力低下や不安感などを改善します。睡眠の質を高めて、熟睡感を増して、心身の疲れを和らげます。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 六君子湯は、胃腸の働きを高めて、気力体力を養い、消化不良や食欲不振、下痢、お腹のガスや張りなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 人参養栄湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の消化吸収力を高め、食欲不振や倦怠感、不安感、不眠、排便コントロールなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 人参湯は、胃腸の働きを高めて、下痢や食欲不振などを改善します。おりものや咳痰を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 茯苓飲は、体内の水分代謝を活性化して、胃腸や手足、耳内などに停滞する余分な水分を巡らして、小便から排出します。お腹の膨満感や食欲不振、めまいなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 安中散は、胃腸の緊張感を緩和して、蠕動運動を促進させ、胃酸の分泌を抑え、胃痛や胸のどの痛み、食欲不振などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 十全大補湯は、胃腸の働きを高め消化吸収を促進して、食欲不振やだるさ、気力低下などを改善します。いずれの処方も低血圧や貧血を改善する作用があります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、血液やリンパ液の流れを促進して、冷えに強く風邪を引き難い体質にします。自律神経の働きを調整して、肩こりや不安感、意欲低下、食欲不振などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

なぜ体質改善に漢方が適しているのか?8つの体質ごとに改善策を堀口和彦先生に分かりやすく解説してもらいました。

食欲不振の相談例
食欲不振の生薬
食欲不振のツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。