PAGE TOP

【うち漢方】よくある質問|光和堂薬局

|よくある質問

質問

人体の分類について教えてください。

回答

陰陽論や五行説をもとに、東洋医学の人体は、大きく3つに分類されます。

・気の類
・形の類
・経絡(けいらく)の類

○気の類(陽に属します。)
体内のエネルギーとして働くもので、「精」「気」「神」に分類されます。

「精」とは、気や形の類の源となるものです。(先天の精、後天の精、広義では水、血など)
「気」とは、体内に充ちて活動を起こすものです。(元気、宗気、営気、衛気など)
「神」とは、生命活動を統率するものです。(神、魂、魄、意、志など)

○形の類(陰に属します。)
体の構造を形づくるもで、五臓を中心にした「臓腑」や組織を指します。

「臓腑」とは、体内にある臓器類です。(五臓、六腑など)
頭や手足などを構成するものとして、「五主」皮、肉、脈、筋、骨、「五華」毛、唇、面、爪、髪、「五根」鼻、口、舌、目、耳があります。

○経絡の類(中間です。)
気血の通路のことです。臓腑と結ばれていて、頭や体感、手足、体表部と連絡しています。「経脈」「絡脈」「経穴」に分類されます。

「経脈」とは、体を通る主要な気・血の通路です。(十二経脈、奇経八脈など)
「絡脈」とは、経脈より分かれた細い気・血の通路です。(十五別絡など)
「経穴」とは、体表にある気が出入りする場所(ツボ)です。(正穴、奇穴、天応穴など)

体内には、「形の類」がどっしりと存在し、「経絡の類」を通じて、「気の類」が走り回るというイメージです。私たちの体は、有形無形のエネルギーが常に循環しています。

戻る

  • (81件)

気滞(きたい) とは?

気虚(ききょ) とは?

血瘀(けつお) とは?