PAGE TOP

【うち漢方】血虚体質|光和堂薬局

|血虚体質

  • 血虚

  • 1 血虚とは

    血虚とは、こころとからだに酸素と栄養分を供給する血が不足した状態です。

この体質の方を一言でいうと、「フラフラさん」です。
心身に酸素と栄養分を供給する血が不足しています。酸素と栄養分を大量に必要とする臓器や器官に支障が生じます。

脳では記憶力の低下や精神疲労を生じ、子宮卵巣では生理痛や月経困難、皮膚や毛髪では艶がなく肌荒れや脱毛が起こります。

2 主な症状

血虚体質の方が感じる主な症状は、次のとおりです。

  • 生理痛
  • 月経過多
  • 不正出血
  • 貧血
  • 疲れ目
  • 睡眠障害
  • 不眠
  • 多夢
  • 浅い眠り
  • 精神不安
  • 心配
  • 不安
  • 落ち着かない
  • 物忘れ
  • 認知

3 主な病気

血虚体質の方が罹る主な病気は、次のとおりです。

  • 慢性疲労症候群
  • 認知症
  • 子宮内膜症
  • 卵巣嚢腫
  • 不妊症
  • 不眠症
  • 不安神経症

4 代表的な漢方薬

血虚体質の方によく用いる漢方薬は、次のとおりです。

5 代表的な生薬

血虚体質の方によく用いる生薬は、次のとおりです。

6 代表的なツボ

血虚体質の方によく用いるツボは、次のとおりです。

7 養生法

(1)血になる食べ物を摂る

血が足りないのですから、そこを補うには、血になるものを食べることです。ニンジンやヒジキ、レバー、クルミ、黒ごまなどがお勧めです。

一度にたくさんの量を摂る必要はありません。普段の食事の中に、少量ずつ取り入れてみてください。胃腸に負担をかけないように気をつけながら。食事療法に焦りは禁物です。

(2)睡眠と適度な運動が大切

身体を横にして重力から開放することで、筋肉や骨、心臓は休息できます。筋肉や脳から出た老廃物は、肝臓と腎臓へ運ばれ解毒代謝されて、血液を浄化して、疲れを取ります。

きれいになった血液に酸素と栄養分を満たして、血が作られます。この作業は、夜間の睡眠時に行なわれます。このことで、良質な血をつくるのです。そして、夜間に作られた良質な血を、昼間の運動や活動で体中に巡らしましょう。

良質な睡眠を手に入れるためにも、昼間の適度な運動が必要です。

(3)ポジティブに考える

血色の悪い顔や皮膚はかさかさ、疲れやすく、立ちくらみがあるなど、ネガティブな気持ちと心配になりがちですが、そこはがんばりどころです。

食事と睡眠、さらに運動で、血を補い、全身に酸素と栄養分を供給できるようになれば、身体に余裕が生まれ、精神的にも徐々に余裕ができて、不安感は必ずなくなります。

8 証(しょう)に分類

血虚体質になっている方は、体内の臓腑が弱っている可能性があります。弱った臓器と結びつけると、次の証(しょう)に分類することができます。

ご自身の体質を、証まで分類できれば、より的確な治療方法が見つけられます。

  • (1)肝血虚

    肝血虚

    経絡の肝経上にある臓器や子宮、卵巣、肝臓、目などに血が不足しそれらの機能が低下している状態です。

  • (2)肝心血虚

    肝心血虚

    視床下部の機能低下から自律神経働きが乱れて、精神作用にも影響が出ている状態です。

  • (3)心脾血虚

    心脾血虚

    消化吸収力の低下で血が増えず、心臓機能が低下し酸素と栄養分が巡らず精神活動も低下している状態です。